県内移設なら内閣総辞職を=普天間で民主・喜納氏(時事通信)

 民主党沖縄県連代表の喜納昌吉参院議員は24日、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題に関し、「公約を守れないものがどうして存在できるのか。そういう内閣は代わった方が、民主党の未来にとっていい」と述べ、鳩山由紀夫首相が昨年の衆院選で訴えた県外移設が実現しなかった場合は、内閣総辞職すべきだとの考えを示した。参院議員会館で記者団に語った。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

1都2県でひったくり70件以上 容疑の男追送検(産経新聞)
地球帰還、ほぼ確実に=小惑星探査機「はやぶさ」−宇宙機構(時事通信)
<築地移転>都知事渋々「予算執行は議会尊重」 論議再燃も(毎日新聞)
逆走82歳男性、高速道で事故死=トラック2台と衝突−山口(時事通信)
<雲仙火砕流>焼けたカメラ、記念館で公開(毎日新聞)
[PR]
by wkisgw98fe | 2010-03-31 09:47


<< <人事>警察庁=4月1日付(毎... <飲酒運転>都内の「死亡事故ゼ... >>