「全国の見本になるように」=秋田・減反反対派の代表に−農水相(時事通信)

 赤松広隆農林水産相は20日、秋田県で生産調整(減反)に反対してきた大潟村あきたこまち生産者協会の涌井徹代表と農水省内で意見交換した。同県が2010年産米の生産数量目標をめぐり、減反未達成市町村への制裁措置の廃止を決めたことに関連し、農水相は「全国の見本になるように取り組んでほしい」と述べ、新たなコメ政策のモデルとなることに期待感を示した。 

ネット調査 7割「小沢氏、議員辞職を」(産経新聞)
【揺らぐ沖縄】与野党なぜ「傍観」 移設先困った民主/ねじれに悩む自民(産経新聞)
「函館朝市で宅配詐欺」浅田次郎さん誇張記述(読売新聞)
石川議員、離党の公算大きく(読売新聞)
意地の特捜部、対決姿勢の小沢氏(産経新聞)
[PR]
by wkisgw98fe | 2010-01-23 02:16


<< <可視化法案>政府として「提出... <原発建設>反対住民の妨害禁止... >>