<可視化法案>政府として「提出検討せず」 松野官房副長官(毎日新聞)

 松野頼久官房副長官は20日の記者会見で、検察などによる取り調べを録音・録画する刑事訴訟法改正案(取り調べ可視化法案)について「今のところ、政府として(提出を)検討していることはない」と述べ、今国会で提出する予定はないと説明した。同改正案については、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体を巡る事件を受け、参院民主党の常任役員会が今国会での早期成立を目指す方針で一致している。【山田夢留】

【関連ニュース】
国会:衆院で各党が代表質問 野党が「政治とカネ」を追及
千葉法相:取り調べ可視化導入に意欲 韓国を視察
石川議員逮捕:弁護人、取り調べ全過程の可視化申し入れ
裁判員裁判:取り調べDVD証拠に 仏画強盗公判で名地裁
布川事件:証拠開示十分ならば結論変わっていた…元裁判官

アライド代表社員に懲役4年求刑 FX無登録営業で出資金詐取(産経新聞)
山崎建設、宮本組を捜索 特捜部、小沢氏土地購入事件で(産経新聞)
<自民党>中堅・若手議員が「70歳定年制」厳守の決議要求(毎日新聞)
<新任判事補>99人に辞令交付(毎日新聞)
「300日規定」損賠訴訟 原告の請求棄却 岡山地裁(産経新聞)
[PR]
by wkisgw98fe | 2010-01-23 19:24


<< 原子力機構に改善要請=受注企業... 「全国の見本になるように」=秋... >>