<人事>警察庁=4月1日付(毎日新聞)

 警察庁(4月1日)大阪府警本部長(首席監察官)舟本馨▽首席監察官(長官官房審議官・生活安全局担当)園田一裕

 退職(大阪府警本部長)植松信一

<ニュース1週間>足利事件、菅家さん無罪確定/パラリンピック閉幕 日本メダル11個(毎日新聞)
首相、小沢氏らと懇談「国民の目は厳しい」(読売新聞)
首相「数日のずれ、大きな話でない」 普天間政府案の月内とりまとめ(産経新聞)
阿久根市長つかみ合い「今後も議会に出ぬ」とも(読売新聞)
首相元秘書「間違いありません」=検察側、禁固2年求刑−偽装献金事件・東京地裁(時事通信)
[PR]
# by wkisgw98fe | 2010-04-02 17:39

県内移設なら内閣総辞職を=普天間で民主・喜納氏(時事通信)

 民主党沖縄県連代表の喜納昌吉参院議員は24日、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題に関し、「公約を守れないものがどうして存在できるのか。そういう内閣は代わった方が、民主党の未来にとっていい」と述べ、鳩山由紀夫首相が昨年の衆院選で訴えた県外移設が実現しなかった場合は、内閣総辞職すべきだとの考えを示した。参院議員会館で記者団に語った。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

1都2県でひったくり70件以上 容疑の男追送検(産経新聞)
地球帰還、ほぼ確実に=小惑星探査機「はやぶさ」−宇宙機構(時事通信)
<築地移転>都知事渋々「予算執行は議会尊重」 論議再燃も(毎日新聞)
逆走82歳男性、高速道で事故死=トラック2台と衝突−山口(時事通信)
<雲仙火砕流>焼けたカメラ、記念館で公開(毎日新聞)
[PR]
# by wkisgw98fe | 2010-03-31 09:47

<飲酒運転>都内の「死亡事故ゼロ」83日 厳罰化の効果か(毎日新聞)

 東京都内では今年に入ってから、飲酒運転による交通死亡事故ゼロが続いている。年初からの「死亡ゼロ」記録は、過去10年では03年の70日間が最長だが、今年は既に83日間(24日現在)で、警視庁は記録更新に努力を続ける。ただ、春先は送別会や花見などで酒席が増えるシーズン。警視庁は25日から1週間のキャンペーンで飲酒運転の集中取り締まりを実施する。

 警視庁によると、24日現在の交通事故死者数は前年同期比3人増の44人だが、飲酒運転による死亡事故は同4人減でゼロ。警視庁交通部は「世論の厳しい目や飲酒運転の厳罰化の効果」とみている。

 3月は飲酒運転による事故が最も多い月だ。05〜09年の月別平均は3月が69件で、7月の59件、1月の53件、12月の50件を大きく引き離している。

 飲酒運転を巡っては、02年施行の改正道交法で酒気帯び運転の罰則が強化され、07年からは飲酒運転のドライバーに車両や酒類を提供する行為なども処罰されるようになった。飲酒しない人を決めてから外食する「ハンドルキーパー運動」も始まっており、警視庁交通部は「飲酒の際は公共交通機関を利用するか、ハンドルキーパーを決めてほしい」と呼びかけている。【町田徳丈】

【関連ニュース】
<許すな飲酒運転>
<飲酒運転のうえ無免許>警察官の車に衝突 容疑の作業員逮捕 /千葉
<飲酒運転のうえ車盗み>元県立高教諭、懲戒免職処分の取り消し求める /佐賀
<飲酒運転したのは…>有罪の西日本高速道路課長を解雇 /和歌山
<飲酒運転したのは…>元日本代表を酒気帯び運転容疑で逮捕

再議否決なら原案賛成も=築地移転予算修正で−都議会民主(時事通信)
板橋区役所で電話不通 交換機の故障か(産経新聞)
2次元児童ポルノ 石原知事「僕の目で見届ける」(産経新聞)
郵貯限度額上げ「議論が必要」=首相(時事通信)
首相動静(3月25日)(時事通信)
[PR]
# by wkisgw98fe | 2010-03-28 03:36

国民新党が参院選で作曲家の敏いとう氏を擁立(産経新聞)

 国民新党は25日、夏の参院選の比例代表候補として、新人で作曲家の敏いとう(本名・伊藤敏)氏(70)を擁立すると発表した。

 敏氏は昭和46年に歌謡グループ「敏いとうとハッピー&ブルー」を結成、「星降る街角」などのヒット曲で知られている。

【関連記事】
国民新、プロレスラー西村氏を擁立 
亀井氏、小沢氏の進退に言及 「参院選に影響」
前田日明氏の出馬取りやめに
みんなの党、参院選で北口・明石市長に出馬打診
藤川市議擁立に前向き 参院選で自民・大島氏
あれから、15年 地下鉄サリン事件

新たに男2人、容疑で逮捕=工事現場に男性遺体遺棄−茨城県警(時事通信)
機密費使途は全部記録=一定期間後に公開−鳩山首相(時事通信)
自転車共同利用 富山で本格導入 150台で環境に貢献(毎日新聞)
ミニバイク1万1千台に改善対策=ホンダ(時事通信)
公明・坂口衆院議員、辞職の意向…参院選後に(読売新聞)
[PR]
# by wkisgw98fe | 2010-03-26 20:20

精子になりかけても逆戻り=精巣の幹細胞数を維持−マウスで発見・日米チーム(時事通信)

 マウスの精巣では、病気などで精子のもとの幹細胞が異常に減ると、幹細胞から精子に変わり始めた細胞の一部が逆戻りし、幹細胞の数を維持する仕組みがあることが分かった。子孫を残すのに不可欠な精子を、長年、多くつくり続ける上で、この仕組みが重要な役割を果たしていると考えられるという。
 基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)や京都大、米ジャクソン研究所の研究チームが19日、米科学誌サイエンス電子版に発表した。
 幹細胞は、自ら増殖する一方、特定の機能を果たす細胞に変わる細胞。同様の逆戻りシステムが、サルやヒトの精巣にも存在する可能性があるが、実験手法が限られるため、確認は容易ではない。一方、血液など、身体のほかの組織にある幹細胞にも、逆戻りシステムがあるかもしれないという。
 マウス精巣の幹細胞「精原細胞」は、自ら増殖する場合以外は、分裂して連結した2個の細胞となる。いったん連結状態になると、数珠つなぎに2倍ずつ増え、これらは皆、精子へ変わる方向にあると、約40年前から信じられてきた。
 しかし、基礎生物学研究所の吉田松生教授らが、遺伝子操作で精原細胞と連結細胞を見分けられるようにすると、連結細胞の一部が精原細胞に逆戻りすることがあると判明。さらに、薬剤で精巣にダメージを与えた場合は、減ってしまった精原細胞の数を回復させるため、逆戻りする割合が増えることが分かった。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
幹細胞で歯茎再生=培養・移植で成功
花びらが多いシクラメン=遺伝子操作で開発
学士院賞に11人=山中教授らは恩賜賞も
サリドマイドの副作用解明=手足の成長たんぱくを妨げ

伊能忠敬の測量器具、国宝に…文化審答申(読売新聞)
沖縄ひき逃げ、女性米兵が県警に出頭へ(読売新聞)
<保険金殺人>上申の元組長 東京高裁も懲役20年の判決(毎日新聞)
将棋 久保棋王 羽生王将破り王将奪取 王将戦第6局 (毎日新聞)
非核三原則、法制化は困難=岡田外相(時事通信)
[PR]
# by wkisgw98fe | 2010-03-24 17:02